大人になってから初恋に破れた私はセフレ掲示板で慰めてもらいました…

大人になってから初恋に破れた私はセフレ掲示板で慰めてもらいました…

私の初恋はとても遅く、27歳のときでした。相手は同じ会社に勤める女の子で、仕事のときも仲がよく、ときどき差し入れをもらっていたのです。そうなると、これまでモテなかった男は「もしかしたら、脈があるのかも…」と期待しますよね?

その期待に任せて告白すると、「あの、ごめんなさい…婚約者がいて、もうちょっとしたら仕事も辞めるんです…」と言われました。まあこれだけ魅力的な子なら、そういう相手がいても不思議には思いません。しかし、それならなぜあそこまで優しくしてくれたのか、モテない私には理解できないままでした…。

初恋に破れた私は、男ながらも傷心状態です。仕事の効率も落ちてしまい、上司からは「なあ、なにか悩みでもあるのか?」と心配されるし、男友達からも「お前はいい奴だから、そのうちいい子も見つかるよ」と慰められるし、異性以外には恵まれているのが分かりました。

とはいえ、色恋沙汰で傷付いたら、やっぱり女の子に慰めてもらいたくなりますよね?そんなわけで、私は『セフレ掲示板』を使って相手を探し、セックスで気分を紛らわせてくれる子を探しました。新しく好きな人を探す気にもなれませんし…。

セフレ掲示板でちゃんと相手が見つかるか心配していましたが、それは杞憂でした。むしろこれまでモテなかった私でもすんなり会ってくれる相手が見つかりまして、かなり驚きでしたね。その相手の名前はA(仮名)としますが、Aは29歳とちょっとだけ年上のお姉さんでした。

年齢だけでなく性格もちょっとだけお姉さんっぽくて、私が「失恋したから、ちょっと気を紛らわせたくて…」と相談したら、「じゃあ、お姉さんに甘えていいよ」と言ってくれたのです。今の私にとって、こういう甘えさせてくれる女性というのは、相手がセフレであってもうれしいものでした。

Aは初恋の相手に比べるとかなり大人びた雰囲気があり、私は会った直後からドキドキしたのです。それに対してAは男慣れしており、「今日は好きなだけ楽しんでね」と腕を組んできて、そのままホテルまで連れて行ってくれました。

ホテルではセフレ掲示板で言っていたように、しっかりと私を受け止めてくれたのです。胸に顔を埋めると頭を撫でてくれるし、挿入中も優しく抱き寄せてくれるし、恋人に甘えているような気分になりました。

傷心中だけあって、優しいAにもついときめきそうでしたが…「次もステキな人が見つかるといいね」と言われ、私も「よし、もっと頑張ってみるか…」と思えました。

大人になってから初恋に破れた私はセフレ掲示板で慰めてもらいました… へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ